#4 / 上嶌 由美子さん

投稿日: カテゴリー: WARASHIBE

出会いのわらしべ高校生

ーー世界を広げ、人を知り、自分を知る

高校2年生・ユウシ(田村雄史)が人と出会い、お話を聞き、次の人を紹介してもらい、会いに行く。わらしべ方式で人に出会い、関わっていく中で、大いに成長していく(かもしれない)ストーリー企画です。

 

>>> 第4回のご協力者
上嶌 由美子さん

ヘアスタイリスト

京都北大路のヘアサロン「COCOTEA」にて活動中。プライベートはかわいい女の子のママさんです。
≫ COCOTEA (http://www.cocotea.com/ )

紹介者:田村ゴー(グラフィックデザイナー)>>>
いつも元気なユミちゃん。遊びが実る人、湖のように大きな人という意味で「遊実湖」と昔当て字したのを今でも覚えててくれるような、人を大切にする人。彼女から放たれる優しさと元気のオーラを浴び、人を想える心とそのために自分がどうあるべきかを感じられるのではないかと期待しています。

 

 

わらしべ企画初の自宅開催。田村家にお招きしてお話を聞きました。上嶌さんから溢れる元気パワーのおかげでとっても明るくハッピーな時間となりました。今回から、質問カードを用意してのインタビュータイムとなっています。

 

 

 

おしゃれになるにはどうしたらいいですか?

 

上嶌おしゃれやん!

 

ユウシこれ、彼女のお父さんから貰ったTシャツで。僕自身は全然おしゃれじゃなくて、たとえば彼女が選んだやつしか着なかったりとか。どうしたらおしゃれになれるかが聞きたいです。

 

 

上嶌私、今日見てもらったら分かるように柄の上に柄を着てたりとか、好きなもんを集めてたらこうなってしまったって感じ。私がおしゃれかどうか分からへんけど、私もすごい貰いもん多くて、貰いもんで今おしゃれって思われてラッキーって思った。無理しておしゃれになろうって思わんかっても好きなもん着てたらそれがおしゃれなんじゃないかなって思う。

 

私もおしゃれは好きは好きやけど、周りにどう見られてるかっていうより自分がどういたいかでいいんじゃないかな。おしゃれやなって決めるのは周りやし、人の目気にし過ぎたらしんどい。

 

そりゃTPOに合わせたらちゃんとしなあかんと思うけど、私は仕事も仕事やし、ちゃんとしとかなあかんとか崩してもいいんやろけど、穴あいた服にしたって虫くった穴はあかんし、その辺だけきっちりしてて自分の好きなもん着てたらそれでいいんちゃうかなって。たとえばこの人みたいになりたいってあんねんやったらその人真似したらいいと思うし、その人がいくらダサいって言われてても自分がかっこいいと思ったらかっこいいんやし。Facebook見てもユウシくんのこと全然かっこいいと思ったし

 

ユウシありがとうございます(照

 

上嶌いいんじゃない?あははは

 

僕に似合う髪型を教えてください。

 

ユウシこれはゴーさんからの質問です。

 

ゴー彼が髪型を挑戦しないので。

 

ユウシなんか、やっと挑戦してかりあげをやってみたんですけど。

 

ゴー前髪がここがデフォルトなんですよ

 

ユウシおでこ出すのがイヤなんです。

 

上嶌 なんで?ちょっとめくってみて

 

ユウシえ・・

 

 

上嶌 ちょ!全然!それは出した方がいいで!

 

ゴーせやろ?

 

ユウシずっと隠してるんで。

 

上嶌 なんでやねん。それがこう、ユウシくんのこと知らんけど、ユウシくんの一歩踏み出せないとかのひとつかもしれん。もったいない。私、今2歳のこどもがいるんやけど、どんどん挑戦してほしいと思ってて、あかんかったらあかんかったでしゃーない。やってあかんかったらしゃーない。前髪なんて切ったら伸びるやんか!あははは!

 

それで自分が変わったらちょっとウキウキするし、おしゃれしてかっこよくなったりかわいくなったりしたらウキウキするし、挑戦してみて!もっと前髪短くしてみてもいいと思う。一気にやるのがイヤやったら、ちょっとずつでいいから、軽くしながら。ビジュアルこんなにかっこいいのにもったいないわ。

 

ゴーせやろー

 

上嶌こだわりがあってやってんねんやったら別やけど。

 

ユウシこだわりはないですね。隠したいっていう。

 

上嶌ほら!もったいないわ!こんな金髪にしてイケイケの人やと思ったら。もったいないわ!金髪も似合うし。金髪も挑戦だったやろ?下手したらヤンキーに見られがちやけど全然そんなことないし。それがやれるんならもっと冒険してみーや。かっこいいのにもったいないわ!

 

 

フリートークをお願いします。

 

 

ユウシ質問が終わったらフリートークをしてみろって言われて。

 

上嶌なんでカフェがしたいの?

 

ユウシ昔から料理が好きで、カフェがいろんなオールマイティな料理を出せたり、あとおしゃれなイメージがあるってのも大きいんですけど、イタリアン料理とかフランス料理とかより身近な感じがするじゃないですか。それでカフェってのがひとつ頭にあります。

 

上嶌なんかきっかけになるお店があったわけじゃなくて?

 

ユウシそうですね、きっかけになるお店があったわけじゃなくて、イメージでそっちの方を見てるって感じです。

 

ゴー東京喰種やろ。

 

ユウシ漫画でカフェが出てくるんですけど、そういうのはちょっときっかけではありますね(笑)

 

上嶌カフェに勤めたいわけじゃなくて開きたいの?

 

ユウシそうですね。開きたい、ですね。あとは親との話の中でも、好奇心がどんどん育ってきてて。

 

 

上嶌なるほどな。でもそれも含めて今回のこの企画ってラッキーやな!めちゃくちゃラッキーやで!めちゃくちゃ面白いし。こんなんしてもらえて。自分ひとりの力じゃ、たとえばこう自分がこの企画がいややなって思ったとしても、ここまで進んでしまったらやらなあかん。やらなあかんていうよりも、やってみようってワクワクするよな。


しかも、自分で人を見つけていくだけじゃなくて、
キッカケをみんなが作ってくれるわけやんか。合う人合わへん人いると思うねん。自分で見つけて合わへんかったらそこで終わってしまうけど、この企画やと、どんどんどんどんキッカケがくるわけやんか。そっからいっぱい吸収できたら楽しいし。人に迷惑をかけへん選択と自分が楽しい選択をしていったら、めっちゃハッピーが待ってるんじゃないかなぁ。

 

ユウシそうですね、確かに。

 

”人にどう見られるかじゃなくて、自分がどうしたいか。かっこわるいとこ見せていこー!”

 

上嶌家族の期待もあるけど、それに押しつぶされるようであれば違うと思うし。楽しめへんかったらあかんと思うねんか。自信持って全然やっていっていいと思う。

 

最初、Facebookで感じた印象は「なんでこの人こんなイケイケやのにこんなことせなあかんのやろ」って思った。今日話したら、ちょっとずつ前に進みたい感じなんかなって印象受けた。こんな橋作ってもらったんならどんどんいかんくってどうすんの!て思う。やらんと諦めてしまうより、やって失敗して、じゃあ次じゃあ次って行った方が自分の夢に向かっていけると思う。だって世の中、めっちゃお金かけて起業して大失敗して借金して、それでもまた立ち上がる人だっておるわけやんか。そんなんと比べたらまだまだ全然いっぱいやり直せるやん。

 

いろいろなことと出会って、夢いっぱいの高校生羨ましい。私もなんかを諦めたわけじゃないけど、すごい羨ましいと思う。体力もいっぱいあるし、寝ないで働けるやん!遊べるし!人に迷惑をかけず、楽しんで、いろんなことに挑戦してほしい。それを私は娘にも伝えていきたい。

 

ユウシありがたいです。

 

上嶌人からどう見られるかじゃなくて、自分がどうしたいかで生きたいと私は思ってる。

 

ユウシ周りの目を気にしたりというか、自分がこうしたいっていうのをあんまりしないんですよね

 

上嶌もったいない。なんのために口がついてんねん。でもそういう人っていっぱい心でしゃべってると思うねん。ほんまはこう思ってんのに」とか。あとで多分ああやったなこうやったなって思ってると思うんやけど、あとから言ってもいいと思うし。「ちょっと待って、僕も言いたいし」って思いきって一言言ったらばーーって出てくるんちゃう?

 

ユウシなかなかその勇気が出ないというか。

 

上嶌なんで?

 

ユウシやっぱりその、失敗が怖いっていうか、間違ってたらどうしようっていう。

 

上嶌間違えてなんぼやんか!正解あるもんもあるけど、正解って誰がつくんの?てことだってあるわけやんか。喧嘩だって、自分がこう思ってる、この人がこう思ってるってのがぶつかり合うわけやん。2人の正解があるわけやん。だったらその想いを伝えんと正解がひとつにならへん。

 

もったいない。喧嘩して解決できることができへん。お互いうやむやにして気まずいまんま、モヤモヤしたまんま日々を過ごして相手のこと信用できへんくなったらもったいなくない?家族でも友達でも同じやと思う。あんたいつ答え出すの?とか、違うとこでぶり返されたらめんどくさいやん?(笑)空気を良くするため、早く解決して早くスッキリした方が楽しい時間が流れるし。うやむやにせず。

 

どっかだけでいい顔して、どっかではダラダラするとか、そういうことになっても信用は得られへんかったりするし。ずっと素直な自分でいられた方が自分もラクやし。そうすることによって自分の想いを素直に、どっかで裏表つくってしまうと、自分の発言がしにくいかなって。どっかで切り替えてしまうとおさえてしまうし。オンオフはそりゃあるけど、素直な自分でいたら。素直ってなにって言われるけど、でも、自分の想いを言わへんのも自分やけど、それを崩したいって思ってるんやったら、かっこ悪いところ見せていこー!なにかっこつけてんねん。あははははは!

 

ユウシなかなか・・そうですね。

 

上嶌ちょっとずつ!大人になってしまってからかっこつけっぱなしでかっこ悪いところ見せられへんてなったら、遅いことはないけど、もっと早めにかっこ悪いところ出して、新しい自分を見つけたら早く未来に進めるし。ビジュアルもそうやし。自分の想いを言えへんていうのも一緒で。

 

もっとモテると思うで!男女問わずモテた方が、お店を経営する人にはいいと思うし。寡黙なところが素敵って言われる店主さんもいはるけど、そういう場合って、信念があっての寡黙やと思うねん。勇気がなくて言えないっていうのとは違うと思う。かっこつけんと、怖いこと挑戦していこう。

 

ユウシはい、ありがとうございます。

 

上嶌すべてにメリハリをつけつつね。

 

私、結構いろんなことに顔つっこんでて、それは結構勇気出してそれに行ってて。いろんな人と喋るのも、こんだけ喋ってるけど自分では人見知りでもあると思ってて(笑)いろんなことに興味持ったらいろんな発見があるし、せっかく出会ったら楽しいこと共有できたらいいなー、ラッキーを見つけられたらいいなーと思って、いろんなことに中途半端に顔つっこんで、楽しいとこだけ繋がってるみたいなとこあるけど、いろんなことに興味持ったらもっと広がると思う。

 

 

インタビューの後は家族も交えて一緒に食事をしながら、いろんなお話をして笑顔溢れる時間を過ごさせていただきました。とにかく上嶌さんのポジティブなパワーがすごい!この日は、父・ゴーさんのお誕生日でもあり、そのお祝いだけじゃなく、なんと結婚のお祝いまでしてくださって、家族全員どころか家自体が喜んでいるような気がするほど、ハッピーエネルギーを満タン充電していただきました!

 

ユウシくんの作った料理たち

 

たくさんのお祝いをいただきました!

 

ユウシくんは素敵な本をいただいてました。

 

上嶌さん、ご協力ありがとうございました!
インタビュー内にあった「前髪デコ出しチャレンジ」も上嶌さんのお店で後日無事達成できました。その様子はまた改めて記事にしたいと思います☆

 

 

>>> 第4回のご協力者
上嶌 由美子さん

ヘアスタイリスト

京都北大路のヘアサロン「COCOTEA」にて活動中。プライベートはかわいい女の子のママさんです。
≫ COCOTEA (http://www.cocotea.com/ )

上嶌さんにおススメのカフェを聞いてみました>>>
CAVA
すごい好きな店。
ここでの時間も空間もすごく好き。
ごはんももちろんおいしい。お店のお姉さんがすごくいい人。
沢山の人を連れて行きたくなるお店です。